home003.gif

2012年06月10日

韓国産についての考え方 C漢方薬店での取り扱い

韓国産についての考え方 C漢方薬店での取り扱い
韓国産に限らず、はち花粉(ビーポレン)の効能については
それほど情報が多くなく、まだまだわからないことが多いのが現状です。
ところで、韓国内では、はち花粉は漢方薬店
取り扱いです。
ただし、当然ながら、そのことが韓国産・はち花粉の品質を
向上させるわけではありません。
しかし、漢方薬店で取り扱っているという事実が、はち花粉の効能に
対して何らかの期待を持っているわけですし、そうなると、品質の管理に
関しても厳しい目でチェックしているはずです。
そんなわけから、取り扱い業者の立場からも、韓国産のはち花粉は
安定して調達できる商品だと考えています。


それでは、最終回はD国内産へのこだわりのことをよりくわしく。。。

DSC02002c.jpg


[PR]Kindle版 サルサソウル発 販売ページへ
[PR]Google Play版 サルサソウル発 販売ページへ
[PR]楽天Kobo版 サルサソウル発 販売ページへ

posted by beepollen at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56365871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック