home003.gif

2012年06月10日

韓国産についての考え方 @コスト

韓国産についての考え方  @コスト

日本国内産と外国産

では、愛好会でのはち花粉・国内外産の意見について。
結論から言いますと、
可能ならば、日本国内産支持が絶対数を占めています。


ところが、サイト上で調べてみればわかることですが、
日本国内産のはち花粉(ビーポレン)は価格が相当高いうえに
流通量も少くなく、
そのため、外国からの輸入品を国内で
品質管理して販売している
販売業者様もいます。
そこで、同じ輸入品を選択するのなら、少しでも輸送コストを
抑えるために、当ショップでは韓国産を選択しました。

また、日本国内で入手可能なはち花粉(ビーポレン)は、
スペイン産、米国産、ブラジル産、ニュージーランド産、
オーストラリア産、などがありますが、もし、それらの製品を、
輸入代行業者頼みの調達だけに頼ってしまうと、どうしても
品質の維持に不安が残ります。
ところで、はち花粉( ビーポレン )愛好会の前身は、
韓流好きの友人どうしが、何度も韓国へ旅行に行って
ショッピングやファンの集いに参加することで、他の方と
より交流を広めていったのが始まりです。

よって当愛好会は、上記した環境のもとで、直接買い付けに
近いかたちで商品の調達が可能ですので、その点でも
少しは商品の品質維持で有利だと考えております。


それでは、次回は
A地産地消 をよりくわしく。。。

DSC01969c.jpg



[PR]Kindle版 サルサソウル発 販売ページへ
[PR]Google Play版 サルサソウル発 販売ページへ
[PR]楽天Kobo版 サルサソウル発 販売ページへ

posted by beepollen at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56365706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック